骨盤矯正メニュー




出産を終えても産後も約6ヶ月くらいはホルモンが分泌し、骨盤は不安定な状態です。
ホルモンバランスの乱れや骨盤の歪みは上半身、下半身、あらゆるところに、影響を及ぼします。

お尻が垂れる、四角く大きくなる、むくみやすくなるといっただけでなく、腰痛、肩こり、頭痛、坐骨神経痛、慢性疲労など様々な症状も引き起こします。

よって、骨盤の矯正を行うということが、これらの不快な症状を改善する一番の近道になります。

骨盤がやわらかいのは産後1年程度までと言われており、最も骨盤矯正を始めるのに適しているのは、産後2か月から6か月くらいの時期だといわれています。

産後1年以上経過してもずれがひどい場合には、しっかり戻さなければなりません。

一笑では、骨盤矯正を始める前に講師経験もある院長が誰にでも伝わりやすく、丁寧な説明をいたします。

そして、日頃から積極的に取り入れている最新技術や最新情報も活かし、熟練の手技で施術を行います。

また、施術だけでなく、施術後もよりよい状態を保っていただくために患者さん向け無料セミナー(骨盤教室・抱っこの仕方教室)なども積極的に開催しております。